挨拶

はじめまして。heARTists代表の齋藤岬です。

私たちheARTistsは、アーティストとサバイバーのコラボレーションに焦点を当てた芸術非営利団体です。芸術(Art)は心(Heart)の中に生きているという信念を基に設立いたしました。


私自身は五人きょうだいの四番目に生まれ、東京から長野の片田舎に引っ越し、よそ者を理由にきょうだい皆がいじめ、不登校を経験しました。そして自ら命を断とうと思ったことすらありましたが、いつも自分を救ってくれたのは芸術でした。自分の過去についてやネガティブな感情はそう簡単に周りに話せるものでも無い。しかしストレスは溜まる一方で、思考回路はネガティブで覆い尽くされる。そんな自分が一番自由になれるのが、アートの世界でした。小さい頃から音楽、バレエ、日本舞踊、写真、演劇など多くの芸術に触れ、自らを表現できる機会を与えてくれたのがアートだったのです。


今までの過去の経験、そしてアーティストとして長年培ったこと、それらの両方の経験をうまく活かせないだろうかと考え、生み出したのがheARTistsです。


社会にはまだまだ、例えばカウンセリングに行く人=頭のおかしい人などと言った固定観念があります。人々にとってネガティブかもしれない経験を、アートの力を通して、他人に誇れるポジティブな経験へと変えたい。メンタルヘルスについて気軽に話し、共有ができる社会を作りたい。そして多様なアート形式に多くの人が触れるような場所を作りたい。


それが私たちの考えるアート、理想とする世界です。


あなただけの世界に1つしかない物語、教えてくれませんか?私たちheARTistsの手で、世界に1つだけのアートを作ります。

heARTists代表

齋藤 岬