Image by Kelly Sikkema

Q & A

サバイバーの方へ

 

Q:ストーリーを共有したいと思います。その方法を教えていただけますか?

A:物語を共有してくださる勇気に感謝します!ストーリー投稿の詳細と投稿方法は、サバイバーとしてストーリーを共有する ページにありますので、そちらにてご確認ください。


ご不明な点等ございましたら、officialheartists@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください。

Q:ストーリーを提供するのに料金はかかりますか?

A:物語を提供する側にあるサバイバーの方たちには、一切料金はかかりません!アート作品の制作料、アーティストへの委託料など、一連の費用はすべて私たちheARTistsが全額負担いたします。

Q:既に掲載されている物語をいくつか読みましたが、私の話はそれらに比べて大したものではないと感じています。どんな物語が求められているのでしょうか?

A:痛みに上下関係など無いと私たちは考えております。人それぞれ抱える痛みの感じ方は、その人以外誰しも分からないことですし、辛い経験というのは本当に辛いものです。なのでどれだけ話がドラマチックかと言った、痛みをレビューするようなことなどしません。全員、どの物語も十分な価値があるものです。参考までにこれまでの主な話のカテゴリーを申し上げますと、いじめ、虐待、差別体験(性的、人種、他) 、複雑な家庭の問題、人間関係、愛する人の死など、多岐に渡ります。どんな話でも良いので、あなただけの物語を聞かせてください!

Q:自分のストーリーを匿名で共有できますか?

A:はい、勿論です。辛い経験を語ることはすごく勇気がいることで、不安な気持ちを誰しもが持つはずです。でもそうやって話を差し出そうと思ってくれた勇気溢れるあなたに、心から感謝します。サバイバーのプライバシーを尊重することには非常に重きを置いておりますので、物語を提供する際にペンネームなど希望するお名前を記載してください。無記名の場合は、匿名としてウェブ上に掲載されます。これらの物語は宣伝や商用目的で使われることはなく、アート作品を委託するアーティスト、そしてウェブサイトに掲載する目的にのみ使用されます。

Q:ストーリーを提出しても、作品にされていない場合はどうなりますか?

A:私たちはまだプロジェクトの初期段階にあり、全ての物語をすぐに作品へ変えることは保証しかねますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。また、全ての物語は、Storyboardにて公開されますのでそちらにてご確認ください。あなたの物語をheARTistsと共有して頂けることに心から感謝いたします。

Q:heARTistが私のストーリーに基づいてアートワークを作成した場合、完成した作品を頂くことは可能ですか?

A:物語が作品になった場合は、アート作品のデジタルコピーを物語の提供者の方に送らせていただきます。ただし、物理的なコピーを受け取りたい場合には、制作に携わったアーティストに権限を持たせているため、個人的にご連絡して頂く必要があります。アーティストの連絡先については、作品をメールで送る際に記載されているのでそちらの方からよろしくお願いいたします。

Q:作ってほしいアーティストの指名はできますか?

A:今のところ、アーティストの方がこの物語を作品にしたい!と感じてから製作に取り掛かる形式をとっております。特定のアーティストの指名をすることは残念ながら致しかねますが、ご自身が希望されるアートの分野は物語を提出いただく際に記入できるようになっております。必ずしもご希望の分野になる保証はできませんが、なるべくご希望に沿えるようにこちらも努力いたしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Q:自分の経験をアートにしてみたいとは思うのですが、ウェブ上で公開されることに抵抗があります。

A:ご自身の辛い経験を語るには、計り知れない勇気が必要だと御察いたします。私たちheARTistsが考えているのは、そのような普段なかなか日常では語られることのない話をオープンに公開し、アートを通して共有することによって周りの理解が深まる、そしてお互いを励まし合うという目的で活動をしております。物語を提供するサバイバーの方は基本的に匿名・もしくはペンネームで記載されること。また個人情報、場所、会社名、名前など特定につながりそうなものは変更可能です。